ABOUT当社について

はじめに

カタリスト投資顧問は、日本の資本市場および企業セクターの活性化を目標に、マネックスグループの一員として設立されました。
かつてないほど変化の速い経営環境に対応するために企業経営の在り方にも変化が求められており、企業も変化を実現しようとしています。当社は、長期的視野に基づいたエンゲージメント投資を通じて、日本企業を外部から後押しすることで、日本企業の変化のカタリストとなります。

企業理念

“日本の個人投資家の資金を通じたエンゲージメント投資により、
資本市場および企業セクターを活性化する”

私たちは、日本の上場会社とその最終的な株主である個人の架け橋となり、双方の利益となる投資を実践します。
上場会社に対しては、経営変革の後押し(エンゲージ)をすること、個人投資家に対しては、投資や企業について深く議論する機会と、長期継続的な運用リターンを提供することによって、日本経済の活性化に資することができると信じています。

投資哲学

“長期的な視点に基づいた日本企業の潜在価値に投資し、
その顕在化のカタリストとなることによる超過リターンを追求する”

私たちは、企業の潜在価値と価格(株価)の乖離に投資するのみでなく、私たちの投資そのものがその乖離を解消するカタリストとして作用することを目指します。

企業の経営変革の後押しを行い、同時に受益者に対して超過リターンを提供することで、市場のゼロサムゲームを超えた真の投資家としての価値を社会に提供できるものと考えます。

特長

“日本の個人投資家の資金の運用”

日本の上場会社の最終的な株主である個人の資金を運用し、個人投資家の声を代表します。
また、日本企業の企業活動によって得られた利潤を、日本の個人に対して還流させることで、より健全な資本市場と個人の財産形成を目指します。

“日本拠点のプロフェッショナルによる運用”

日本の企業セクター、規制環境、社会構造を理解する、日本拠点のプロフェッショナルが運用を行います。
日本企業にとって、長期的な視点に基づいた現実的な経営改革の提案をすることにより、質の高いエンゲージメント投資を実現します。

“オープンで総合的なエンゲージメント”

エンゲージメントを当社と投資先のみに留めず、議論をオープンにすることで、日本社会に対してもエンゲージメントを行います。
私たちは、エンゲージメント投資の重要性と可能性を信じており、エンゲージメント投資が社会的なムーブメントとして日本に根付くことを望みます。

Why Now

日本の資本市場は、2014年以降のコーポレートガバナンス改革により、新たな段階にはいりました。

スチュワードシップ・コード(機関投資家の行動原則)とコーポレートガバナンス・コード(企業の行動原則)の「車の両輪」の制定により、投資家と企業の双方に「目的の持った対話」が求められるようになりました。

日本企業もその意義を理解し、実際に変化の姿勢を見せています。

しかし、真にコーポレートガバナンス改革の実現が成されるには、企業の変化の姿勢が実際の変化に繋がることが必要であり、まさに今、投資家による後押しが必要とされていると考えます。

当社は、日本企業のコーポレートガバナンス改革における“啐啄同時”を理想としたエンゲージメント投資を通じて、日本企業のコーポレートガバナンス改革を後押ししてまいります。

“啐啄同時”

「啐」とは雛が殻を割ろうとして内側からつつく音

「啄」とは親鳥が殻を割るために外からつつく音

それらが同時に起きて、雛はうまく外の世界に踏み出せます

カタリスト投資顧問株式会社(以下「当社」といいます。)が提供する情報に関しては万全を期しておりますが完全性、正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。

当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接又は間接的に生じた損失に対し当社は一切責任を負いません。
当ウェブサイトの情報は、情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的にしたものではありません。

当ウェブサイトの著作権は、カタリスト投資顧問株式会社に帰属し、許可なく営利目的の複製等を行うことはできません。